賃貸経営で働かなくてもオッケー|自由を選ぶなら

男性

保険機能を使うと

集合住宅

投資用マンションをローンを利用して購入すれば生命保険代わりにもなります。但し、団体信用生命保険を付けておく必要があります。毎月、多くの保険料を払っているのであれば、一部を投資用マンションに切り替えることも検討してみましょう。

もっと詳しく

持ち家での不動産投資とは

内観

自分の家を長期間空き家にしなければならないときは、留守の間の管理をしてくれて家賃収入まで入ってくるリロケーションが人気です。また、リロケーションをする場合は、管理のノウハウがしっかりした入居者募集に強い会社を選ぶことが大切になります。

もっと詳しく

セミナー参加は必須

セミナー

利益を出すために不動産投資を始めるのであれば、真っ先に不動産投資セミナーに参加することをおすすめします。不動産投資にはある程度の経験と知識が必要になるからです。特に管理面や募集などは不動産投資のプロに確認するのが一番有効的だからです。

もっと詳しく

優良な資産投資

アパート

抜群の安定性

いくつもの資産運用方法がありますが、その中でも賃貸経営は優良な資産運用だと言えます。その最たる理由は、長期間にわたって定期的に収入が得られるからです。資産運用は、売買によって利益を得る方法が多くなっています。つまり、多くの資産運用方法は、1回しか収入を得ることはできず、更なる収入を求めるのならば、新たに資産運用を行う必要があるのです。そして、新たな資産運用が成功するとは限らないものですから、資産を増やそうとすれば、資産を失ってしまうリスクがあります。その点、賃貸経営は軌道に乗れば、1回の収入は少額ですが、数年、十数年、数十年にわたって収入が得られます。今の時代、資産運用では資産を減らさないことが何よりも優先されますから、高い安定性を誇る賃貸経営が優良な資産運用となるわけです。

少ない資金でも大丈夫

もちろん、賃貸経営を行うにあたり、収益物件を購入する必要があります。その資金が、賃貸経営の最大の問題だと言えます。しかし、この問題は簡単にクリアできます。なぜなら、収益物件を購入する際にはローンを利用することができますから、予め多額の資金を用意することはないのです。実際、賃貸経営をしている人の多くは、ローンを利用しています。資産が少ないであろう若い年齢の人でも賃貸経営をしている人はいますが、それは、ローンを利用しているからできるのです。そして、収益物件は新築にこだわる必要はないのです。中古であっても魅力的な物件は多く、それどころか、築年数が経った物件の方が好立地な場所に建てられていることが往々にしてあるのです。中古物件ならば、当然、安い価格で販売されていますから、より一層、少ない資金でも賃貸経営を始められることになります。