持ち家での不動産投資とは|賃貸経営で働かなくてもオッケー|自由を選ぶなら

賃貸経営で働かなくてもオッケー|自由を選ぶなら

レディ

持ち家での不動産投資とは

内観

一石二鳥なシステム

仕事をしていると家を買ったのに地方への転勤が決まったり、予期せぬ長期海外赴任になってしまうことがあるかもしれません。しかも、その家にローンが残っている場合は、住んでいないのにローンを払わなければいけない事態になってしまいます。このようなとき、不在の家を守ることができるうえに、不動産投資をできてしまうのがリロケーションなのです。転勤や海外赴任が無い人は聞きなれない言葉ですが、不動産投資に詳しい人にはとても有効な不動産の活用法として知られています。リロケーションは、自分の家を不動産管理会社に貸して、賃貸物件として入居者に住んでもらうことを言います。物件の所有者にしてみれば、空き家の管理をしてもらえるだけでなく、家賃収入まで入ってくるので一石二鳥なシステムなのです。

質の良い管理会社を選ぶ

リロケーションは魅力的なシステムですが、自分の大切な家を任せるのですから、管理会社選びと契約内容は大事になります。安易に管理会社を選んでリロケーションしてしまうと、利益を上げるどころか損をしてしまう可能性もあるからです。まず考えなければいけないのは、自分の財産である家を大切に使ってもらうために、管理のノウハウがしっかりしている管理会社を探すことです。入居者が変わったときのリフォームや、良い入居者を選んでくれるかが大事なポイントになります。さらに、できるだけ空き家の状態を避けることが必要なので、入居者募集に力を入れていて、扱う物件で高い入居率を保っている会社を選びます。このような会社に引き受けてもらえれば、税金や諸費用で収支がマイナスになることは避けることができます。