保険機能を使うと|賃貸経営で働かなくてもオッケー|自由を選ぶなら

賃貸経営で働かなくてもオッケー|自由を選ぶなら

レディ

保険機能を使うと

集合住宅

生命保険にいくつも加入している人を多く見かけます。生命保険は万が一の備えとして、一定の効果を得ることができます。しかし、生命保険の代わりになりながら、毎月の収入を得ることができる投資商品もあります。それは投資用マンションへの不動産投資です。但し、単に投資用マンションを買うだけでは生命保険の代わりになりません。投資用マンションを買う際にローンを組んで団体信用生命保険に加入する必要があります。団体信用生命保険とは、借主に万が一のことがあった場合に、ローンの残債額を完済してくれる生命保険です。つまり、借主にローンが残ったまま万が一のことが起きた場合には、ローンのない投資用マンションが残るということになります。

ローンのない投資用マンションを相続した遺族は、その投資用マンションを好きなように扱えます。売却してまとまったお金を得ても良いですし、そのまま保有して家賃収入をもらい続けることもできます。投資用マンションのような賃貸物件は相続税評価額も減額されるので相続税を節税することもできます。相続が発生するような事態にならなかった場合には、ローンを完済した後は、毎月の家賃収入がまるまる自身の手元に残ります。個人年金保険代わりと言えます。生命保険ですと、万が一のことが起きた時にしか効果を発揮しませんが、投資用マンションであれば、いろいろなケースでメリットを享受することができます。たくさんの保険料を払っているのであれば、一部を解約して投資用マンションを買うことも検討してみましょう。